ホーム>スタッフブログ>2012年10月

2012年10月

共栄ゴルフ ZESTAIM Fi-3 IRON

今日は先日納品したばかりのZESTAIM Fi-3 IRON をお客様の友人の方が練習場で打たせて頂いた様で
練習場から夜遅くに私の携帯に電話がありまして・・・これ全く同じのでお願いします。との事
なんでもまずはアドレス時の顔が気に入った様で・・・打感も柔らかく・・・ラインも出しやすいなどなど。
先日納品したアイアンのデータを見てライ/ロフト/長さ/バランス/振動数/グリップなど全コピーで組みました。
イメージは大事でしょうがグリップの色まで同じIOMIC Sticky1.8黒にしてほしいとの事です。
これでは全く区別がつかないのでグリップエンドの色だけは勝手に変更させて頂きました。。。(笑)

スリクソン SRIXON Zシリーズ用スリーブ

最近お問い合わせやご注文が多くなってきましたSRIXONのZシリーズ用スリーブ付きシャフトです。
現在メーカーではスリーブの部品としての単品販売には対応していません。
当店では海外で先行発売された際に並行輸入でUS仕様の純正スリーブを仕入れました。
日本仕様が発売されすぐにスリーブを分解して調べたところスリーブ自体は同じでした。
US仕様と日本仕様ではヘッド側の取り付けが若干違いボルトの長さはUSが長くて使用できません。
当店では現在お客様には日本仕様の純正品のボルトを使用して頂いています。
US使用のボルトを短く加工して使用する事もできるのですが加工時にどうしても熱が加わりますので
ボルト自体の強度が落ちて折れやすくなるために販売は見合わせています。
時期をみて問題が解決したらスリーブ&ボルトでの販売をしたいと思っています。

共栄ゴルフ ZESTAIM Fi-3 IRON

今日はハーフタイププロキャビのZESTAIM Fi-3 IRON の4~P/7本Setの組み立てをしました。
シャフトはNS PRO Modus3 TX 4アイアン/38.25inc合わせでグリップはIOMIC X-GRIPです。
このFi-3はストロングタイプとスタンダードタイプのヘッドがありオフセットも違います。
2種類のヘッドからロフト調整をする事によってオフセットをお好みに調整できるのがいいですね。
グースが好みの方はスタンダードタイプのロフト角をストロングに調整しストレートがお好みの場合は逆に調整します。
今回はストロングロフトタイプを2度ウィークに調整してほぼストレートネックなFi-3なりました。
1種類のヘッド銘柄で2タイプから選択できるので幅広いセッティングや好みに調整できる本当に優れ物のアイアンです。。。
 

TRIas BASILEUS UT

今日はトライファス社のバシレウスUTのリシャフト作業をしています。
先日UT24を他社のシャフトから交換したところタイミングも取り易く高さも出て飛距離も伸びたといい事ずくめの様で
UTの21の出番がないのでこちらも追加でリシャフト注文を頂きました。
このシャフトの特徴は何と言っても全長にフルボロンコンポジット素材を使った非常に贅沢な仕上がりです。
ボロン特有の粘りのフィーリングがUTのクラブ特性にとても良くマッチングするのだと思います。
UTの場合ヘッドの性質にもよりますが概ねユーザーの方のご要望をまとめると大体こんな感じです。
左に行くのはダメ・・・かと言って右にフケるのはもっと嫌・・・飛距離も欲しい・・・高さが欲しい・・・コントロール性も・・・
などなどユーティリティの場合はお客様から相反する条件やご要望が多いのも特徴です。
まぁ困った時に出番が多いのがUTなので自分専用のお助けクラブとして必ず1本や2本は信頼できるUTは持ちたいですね。。。

ZESTAIM IO GRIND Ⅱ 52&58

今日は共栄ゴルフのフラッグシップモデルウェッジのZESTAIM  IO GRIND Ⅱ 52&58 ののの2本Setを組み立てました。
このZESTAIM  IO GRIND Ⅱ はネック一体式の精密鍛造製法で作られている非常に打感に優れたウェッジです。
通常のメーカーはコストや作業性からヘッド部分とネック部分を別々に作り溶接してヘッドにします。
この溶接が打感に関係してくるのかは使用するプレーヤーの五感によっても違うと思うのですが
クラフトマンの立場からすると打感というよりもライ角やロフト角を調整する場合非常に安心感があります。
溶接ネックの場合調整時に調整の範囲が大きい場合や調整回数が多いと溶接個所にヒビが入ったりその部分にシワが入ったりします。
例えばグースに見えない様にロフトを立てたり出っ歯に見えない様にロフトを寝かせるなどの調整は本当に気を使います。
その点このウェッジはネック一体で作られていますのでお客様の細かいご希望の調整も可能です。
ロフト角/ライ角/ソール形状/バウンス角/メッキ仕上げ/長さ/バランス/シャフト/グリップ/刻印などお好みにオーダーできるので
オンリーワンのマイウェッジを作る事ができます。さらにラウンドして何度も調整し手に馴染んだ頃には・・・
つるしのメーカーウェッジをロフト/ライ調整しただけでは味わえないオーラが出てきますね。。。

二代目 DIRETTO N-445

今日は二代目のDIRETTO N-445 ドライバードライバー ドライバーの組み立てをしました。
先日エースドライバーのヘッドが割れてしまい新たにNEWドライバーの製作をご依頼されました。
来店時に色々な種類のヘッドパーツにシャフトを挿してみてはアドレスしてを繰り返し・・・
460ccはデカいな・・・ディープ過ぎだな・・・洋ナシはダメだ・・・これは掴まらそうだな・・・などなど
で・・・DIRETTO N-445 この丸顔好きだねー大きさも少し小さいしラウンドもフェースの見えかたもいいねー!!!
とヘッドを決めてシャフトや長さについて打ち合わせをしてスペックを決定しました。
やっぱり自分の気に入った顔のクラブって気持ちいいですからね。。。




 

またまたDiamana Bシリーズ

昨日に引き続き今日もDiamana Bシリーズ のリシャフト作業やスリーブの取り付け作業をしています。
なんか目をつぶっていても青いシャフトの残像が残るくらいにB・・・B・・・B・・・で・・・またBな一日でした。
明日は当店で代理店をしている512STYLEのコンペにお呼ばれしていて自前のBシリーズの入ったドライバーを
持っていくつもりでしたが・・・コースまで行ってまたBを見るのも辛いのでATTAS4Uの緑が目に優しいかと???
そういえば4Uが先行発売された時も目の前が緑・・・緑のオンパレードで緑嫌いになりそうだった様な・・・
でも緑祭りもひと段落していまは凄く緑が新鮮でいい感じに見えます。
ろくにコースも調べずにシャフトの色だけで持っていくドライバーを決めたりして大丈夫か??明日の俺は。。。

Diamana Bシリーズ

あいかわらずディアマナBシリーズのリシャフトのご注文が殺到しています。
今日もこのシャフトでの3本作業がありますが朝からお電話でのご注文をさらに4本頂きました。
おそらくブリヂストンオープンをTVで見た方も多いと思いますがかなりの数の選手がこのBシリーズを使用していました。
常連のお客様もお電話で・・・昨日の袖ヶ浦は新しいディアマナ使ってるの多いなー! 俺も試してみるよ。ってな感じです。
実際にこのシャフトは使い手を選ばない非常に扱いやすい特性でオススメなんですが・・・やっばりTVの影響って凄いな。。。

バシレウス レジーロ 50

最近非常に問合せの多いトライファス社製のバシレウスシリーズですがどうやら口コミなどで少しづつ広まってきている様です。
さて今日はHS/40 HC8のシニアのお客様のご相談でリシャフト作業をしています。
やはりお悩みは飛距離をもっと伸ばしたいとの事。先日現在使用中のドライバーをお持ち頂き弾道計測をしてデータをとりました。
さすがにシニアのシングルハンデの方なのでミート率が非常に高くデータのバラつきもほとんどなくデータとり終了です。
ゴルフ歴の長い方なので色々な角度からお話をさせて頂き長さはミート率を活かした超尺の46incに決定し重量帯は50gに決定。
その他お持ちのヘッドとスイングの相性などからこのシャフトに決定しました。
普段は大体45incのSRフレックスが多い様なので46incの場合は同等の振り心地になる様Sフレックスです。
あとはシャフトの挿しこみ長による調整やヘッドの重量調整による細かいセッティングはこちらにお任せ頂きました。
10ヤードの飛距離アップは間違いありませんがさらに微調整をする事で15ヤードアップといきたいですね。。。

DynamicGold S200

今日はミズノMP57アイアンのリシャフト作業をしています。
お客様がDG-S400で使用していましたが最近は重くて振り切れないとの事で同じDGですがS200でのシャフト交換のご依頼です。
バランスはD3のご指定ですのでシャフトからヘッド脱着後に重量を測定し#4で38.25inc合わせで長さは決定です。
ヘッドにはなるべく重量調整のウエイトは使いたくないのでリシャフトの場合は長さは標準より若干長めになる事が多いです。
ミズノの場合も他メーカー同様に市販品には必ず重量調整用のウエイトが入っておりこれを取り外すとバランスが軽くなります。
この軽くなった分を0.25incから0.5inc長くする事でバランスを確保しています。
基本は元のライ角の状態で納品するのですがこのままですとライ角がアップライトになる事と同じですのでご使用後にお客様とご相談して
再度ライ角とロフト角を調整する事になります。少々面倒かもしれませんが本来リシャフトとはただシャフトを交換すればいいものではなく
ヘッド重量の測定からシャフトの重量やシャフトのバランスポイントやグリップ重量などを綿密に計算してからセッティングを行います。
きちんとしたアイアンセットを組むには面倒な作業がいくつもありますがそういった細かい積み重ねが本来の性能を発揮するクラブになります。