ホーム>スタッフブログ>2013年5月

2013年5月

VOKEY WEDGE WORKS TVD SM4

今日は定休日ですが工房でゴルフ仲間のSちゃんのニューウェツジを組み立てています。
Sちゃんお気に入りのTVDの市販品は既に絶番で現在はアメリカ本国のボーケイカスタムスタジオの
オーダーのみでVOKEY WEDGE WORKS TVD SM4 としとして対応しています。
今回でSちゃんにとって5セット目の製作になりますが初めてのブラックオキサイドモデルです。
52Mと58Mの2本SetでTOUR SAWにBV SNOWのゴールドバージョンにシャフトは現在のアイアンに
使用中のDynamicGold TOUR ISSUE X100でグリップはいつものIOMIC X-EVOでのセットアップです。
アイアンからの流れでシャフトは変更する事もありますがヘッドはいつもこのWEDGE WORKS TVDです。
たまには他のウェッジも使ってみれば良いのにと思っていますが・・・既にスペアの注文もやはりコレ(笑)
 

Fire Express MAX WBQ

今日はコンポジットテクノ社のFire Express MAX WBQ  へのリシャフトをしています。
先日現在使用中のシャフトからのリシャフトのご相談で来店頂きベクターを使い各データを計測しました。
データとお客様のシャフトの好みからご相談させて頂きFire Express MAX WBQ  65SXのスペックに決定しました。
このシャフトは80tシ-トを使用していながら撓り戻りにクセがなくタイミングがとりやすい素直な性格です。
今まで80tのピーキーな暴れん坊?? ジャジャ馬?? を使いこなせなかった方には是非試して頂きたいですね。。。

ヘビーウエイト パターシャフト

今日はゴルフ仲間の0田さんのオデッセイプロトタイプパターをリシャフトしています。
現状は35incなのでいつもの34incにカットしてしまうと総重量は若干の減少ですが
バランスがかなり軽くなってしまうで0田さんのパンチが入る悪い癖が出てしまいそうなので
重量シャフトに交換する事にしました。
約50gのウエイトアップによりゆっくりとしたストロークで球足が伸びてくれるので
打ち急ぎパンチの入ったミスもなくなってくれると思います。
NEWドライバーで飛距離も伸びここのところショットはとても良い0田さんなので課題である
アプローチとパットが良くなれば近いうちにシングル入りできると思います。。。(#^.^#)

Justick PROCEED TCR Ti TOUR CLEEK

今日は只今大人気につきメーカー欠品中のぶっ飛びチタンのフェアウェイウッド
Justick PROCEED  TCR  Ti TOUR CLEEK をををアッセンブルしています。
今回の分でお店の在庫が無くなりました。次回の入荷は6月の中頃になる予定です。。。
 

BALDO TT PROTOTYPE WEDGE

本日は大人気でメーカー欠品になっていたBALDO TT PROTOTYPE WEDGE が入荷しました。
早速オーダーを頂いているお客様の52&58の2本をアッセンブルしました。
シャフトはお客様が現在アイアンで使用中のRIFLE PROJECT-X6.5のご指名で
52-35.25inc-D3/58-35inc-D3で組み上げました。
ライ角は2本ともに63.5度でお渡ししてラウンドをこなしながら再調整して煮詰めていく予定です。
グリップはお客様が使った事のないGolfPrideのNiionにしましたので多少フィーリングがいつもと違ってくると思います。
そのあたりも含めてこれからどの様な調整が必要になってくるか楽しみです。
またカーボンシャフトや軽量スチールでこのプロトタイプと相性の良いセッティングも検証していきたいと思います。。。

リョーマゴルフ Ryoma D-1 MAXIMA

本日はリョーマゴルフ Ryoma D-1 MAXIMA TYPE-V のアッセンブルをしました。
先日当店の試打用Ryoma D-1 MAXIMA TYPE-Vをお気に召して頂きオーダー頂きました。
試打用のシャフトはFireExpress MAX 55SでとてもRyoma D-1 MAXIMAの各モデルとの
相性も良く素直な撓り戻りとタイミングの取り易さが特徴です。
超尺46inc以上でもト-ダウンやタイミングのズレによるミート率の低下は少ないシャフトです。
最新のD-1 MAXIMAは各モデルともに従来モデルよりスイートエリアが50%も広がりましたので
当店のテストでもミスヒットによる飛距離の低下が驚異的に減少しています。
このスイートエリアが驚異的に広がった事により46inc以上で使用してもミート率は変わりません。
ミート率をキープしたままシャフトを伸ばす事でヘッドスピードとボール初速が驚異的に上がる為
素晴らしい飛距離性能のドライバーになります。ヘッドタイプは3種類ありロフト角も豊富ですし
当店のフルオーダーの場合リアルロフトやフェースアングル等の細かい注文にも対応できるので
Ryoma D-1 MAXIMA +  FireExpress MAX の組み合わせが人気の定番になりそうな予感です。。。
 Ryoma D-1 MAXIMA  Ryoma D-1 MAXIMA   D-1 MAXI

BALDO TT PROTOTYPE VT511

今日はバルドの511白ヘッドにDiamana B60Xを45.5incでアッセンブルしました。
スペックはリアルロフト10.5度/フェースアングル0度//316g/D2/270cpmで
オーダー頂いたIさんの少し長め/軽め/固めの好みに仕上がりました。
ラウンド使用後に来店頂きベクターを使い弾道計測をしてiさんのインプレと合わせて
セッティングを煮詰めていきたいと思います。
このVT511もソールウエイトの重量調整機能付きでシャフトカットやバランス調整が簡単にリセッティングます。
またFWやUTなど同じTT PROTOTYPE  で幅広くリリースされているので本当にオススメな商品ですね。。。

Justick PROCEED TCR Ti TOUR CLEEK

今日は愛知県のI様からのオーダーでJustick PROCEED  TCR  Ti TOUR CLEEK をアッセンブルしています。
このFWは大人気で現在メーカー欠品中で当店でも在庫が残りわずかとなっています。
今回セッティングはご指名のNS PRO GT700FW Sで癖のない非常にコントロール性に優れたシャフトです。
チタンのぶっ飛びヘッドと方向性重視のシャフトの組み合わせで非常に扱いやすいセッティングとなりました。
42.5incで仕上げましたのでこれから夏に向けボールが掴まり過ぎる場合は42.25inc~42incにリセッティングする事に
より掴まりを抑える事もできます。このツアークリークはソールウエイトを交換する事でヘッド重量を簡単に調整できますので
シャフトカットによるバランスダウンにもすぐに対応できる優れモノです。
今回は6gX2の標準セッティングですが42.25inの場合片方を8g/42incの場合両方を8gにする事でバランスを保てます。
またウエイトは2g~10gまでありますので幅広いセッティングも可能ですのでいろいろ試して楽しめるクラブですね。。。
 

Fire Express MAX WBQ

今日はコンポジットテクノ社のファイアーエクスプレスシリーズの3代目のMAX WBQにリシャフト作業をしています。
いつもは45incのドライバーをお使いのお客様ですが今回は初めての長尺のトライとなりますので使いなれた
PROCEED 460RⅢの10.5度のヘッドを使用してみる事にしました。
45inc仕様では初代ファイアー65SRでご使用になっていたお客様ですので今回は1inc長くした分重量を軽くし
フレックスも少し上げたMAX WBQ55Sにしました。
 やはり長さ対策としてはタイミングの取り易い素直な撓り戻りと手元の剛性感が非常に大事になってきます。
その点MAX WBQはファイアーシリーズの中では癖がなく長尺初トライの方にはベストな選択だと思います。
あとはソールのウエイト調整機能を使って自分にとってのベストなセッティングを見つけ出して頂ければ
飛距離も間違いなく伸びるのでエースドライバーに昇格してくれる事と思います。。。





 

Titleist 913H-d/20

今日はタイトリストの受注生産モデルのユーティリティ913H-d/20が少量入荷しました。
この913H-d/20は913H/21より一回り小さく重心深度も浅くロフトも20度とストロングになっていて
操作性と飛びを向上させた上級者を意識した造りになっています。
早速届いたつるし状態のクラブを分解して各所の計測をしてみました。
長さや重さは全く同じでスリーブも913Hと共通なのでヘッド形状の違いだけの様です。
ヘッドの違いによる弾道等の変化は色々なシャフトでデータを取ってみようと思っています。。。