ホーム>スタッフブログ>2013年9月

2013年9月

Justick PROCEED R TOUR UT

今日はジャスティックのプロシードRツアーUTの21度のアッセンブルをしました。
先日こちらでこのUTがネックの調整によりライ角の変更が可能と紹介させて頂きましたが早速お問い合わせがありました。
神奈川県のM様とメールや電話でご相談させて頂きこの商品の長所でもある9.4mm/370tipの口径を活かしてセッティングをする事にしました。
シャフトは9.4mmtipのTourAD DI HYBRID 85Sでユーティリティ専用に開発されたグラファイトデザイン社一押しのモデルです。
このモデルは現在昨年の賞金王の藤田プロや谷口プロなどがこぞってツアーで使用中のシャフトです。
重量帯も75/85/95/105とありフレックスもR/S/Xと選択する事が出来ます。ただTip径が9.4mmなので使用できるヘッドが限られてしまいます。
またライ角の調整が可能なヘッドをご使用頂く事でいろいろなセッティングの変更が可能となります。
これは非常に大事な部分でライ角の調整ができるUTは星の数ほどあるメーカーですがほとんど見かけません。
当店ではそういった事も含めこのプロシードとTitleist913Hのユーザーがとても多いですね。。。(+o+)
 

Ryoma D-1 MAXIMA TYPE-D

今日はご近所のKさんからのオーダーでRyoma D-1 MAXIMA TYPE-D  9.5度をアッセンブルしました。
Kさんが巷でのリョーマの噂を聞きつけて先日ご相談に来店下さいました。
今回は超尺に挑戦するべく46.5incに長さを予め決めてからのパーツ選択と言うパターンになりました。
シャフトは初の超尺なのでタイミングに癖のないFireExpress MAXの65Xを選択しました。
Xシャフトですが実際46.5incに使用するとS相当の柔らかさになり振り心地も振り抜きもKさんのスイングにしっくりくると思います。
ヘッドは長さによる振り遅れプッシュ対策としてTYPE-D9.5リアルロフト10度を+0.5度のフェイスアングルでセットアップしました。
しばらく長さに慣れは必要かもしれませんが今までには味わった事のない飛距離性能に驚いて頂けると思います。
使用しながら多少の微調整をする事でエースドライバーに昇格してくれる事になるでしょう。。。(^O^)

Justick PROCEED 460RⅣ TOUR DEEP

今日はゴルフ仲間Sちゃんからのオーダーでプロシードの最新ドライバー460RⅣをアッセンブルしました。
Sちゃんは現在PROCEED460RⅡDEEPを使用中ですが先日一緒にラウンドした際私の持ち込んだ460RⅣを見るなり
クラブを手に取りアドレスし・・・おぉー顔良くなってんじゃん!!!シャフトは何にするかなー???で即ご注文となりました。
いろいろ悩んだ結果新し物好きのSちゃんらしく後日電話があり新しいアッタスを入れる事に決めた!!!となりました。
打ち合わせの結果超尺で使用したいの事で6Xを選択する事になりました。
最終的に完成スペックは460RⅡDEEPより少し長めの46.25incのバランスはD4でセッティングしました。
この460RⅣはソールウエイトの交換によってヘッド重量が調整でき簡単にバランス調整が可能です。
Sちゃんにはいろいろなバランスに変更してトライ&エラーを重ねベストなセッティングを見つけ出して頂きたいと思います。。。(^O^)
 

Justick PROCEED R TOUR UT21&24

今日は昨日のゴルフ帰りに来店頂きましたSさんのご注文でユーティリティを2本アッセンブルしています。
SさんはUT好きで今までつるしのUTを色々買い漁っていた様ですがセッティングについてお悩みでした。
やはりUT好きな方はどちらかと言うとFWが苦手でアイアン感覚で打って行きたい方が多いです。
多くのUTの場合はライ角が調整する事が出来ずにまずは長さを使う方に合わせる必要があります。
Sさんの場合はつるし状態ののUTをそのままで使うとアドレス時にかなりアップライトになってしまいます。
この様な場合は左へのミスが多くなるのは当然で他店で固くて重いシャフトにリシャフトしたりして誤魔化していたそうです。
今回はそんなSさんのお悩みを解決するべくプロシードのRツアーUTをオススメしました。
なんとこのRツアーUTはステンレス素材でありながらライ角の調整がフラットに2度まで調整が可能なんです。
またTipは370tip対応でどんなシャフトでもセッティング可能で355tipを選択した場合はフェースアングルも調整する事が可能です。
更にソール部分のウエイトを交換する事でバランス調整や重心距離などを変化させ掴まりや弾道の調節も可能な優れものなんです。
今回はバシレウスUTシャフトを21-39.75inc/24-39.25incの長さでセッティングしてお使い頂きます。
これからはラウンド後にいくつかの問診や弾道計測などをしながらバランスやライ角の調整等していく予定です。
Sさんと共に徐々にベストなセッティングを導き出してパーフェクトUTに仕上げていきたいと思います。。。(^_-)-☆
 

ライ角&ロフト角調整

今日は先日お問い合わせ頂きご予約で来店された千葉県のN様のアイアンとウェッジのフィッティングをしました。
まずは計測前にいくつか問診させて頂いた内容はつぎのとおりでした。
①4番アイアンと5番アイアンの飛距離の差が出ない。②ショートアイアンが引っかかる気がする③ウェッジの抜けが悪い
N様はこのアイアンとウェッジを中古で購入し約半年で10ラウンド使用してみた感想です。
早速クラブを測定すると①ロフト差が2度しか違わない②8/9/Pが1度アップライト③1度フラットになっていました。
人間の感覚はなかなか優れたもので失礼ながらハンデキャップ二桁のN様の感覚はピッタリ合っていました。
この様にライ角やロフト角の狂ったクラブでは一生懸命練習しても番手ごとに違ったスイングをしないといけません。
番手によって手を返したり左ひじを抜いたりボールを右に置いたりしないととても複雑になってしまいます。
ゴルフは本当に難しいスポーツなのでスイングはできるだけシンプルにしてクラブに仕事をしてもらうのがベストです。
今回はN様にとってすごく調子の良い7アイアンの数値を基準に全てのクラブをフローさせ調整させて頂きました。
この調整によってどのクラブを使っても同じスイングイメージで打つ事ができる様になります。
きちんと調整されたクラブで練習する事で今までとは違い練習が無駄にならず飛躍的に効果がUPしますよ。。。(^_-)-☆
 

SCOTTY CAMERON カスタム

本日は東京都N様のオーダーでスコッティキャメロンのセレクトパターをカスタムしました。
当店のホームページで同仕様のパターを販売していますが今回はN様が現在使用中のパターをカスタムする事にしました。
来店時にこのオリジナルカスタムパターをご覧になって・・・欲しいけど同じもの持ってるのでこれと同じに出来ますか?
とのご相談で早速パターを分解して作業させて頂くことになりました。
内容は現在のペイントフィルを全て剥離して新たにブラックトランスルーセントに加工しサイトラインはアドレス時にターゲットに
合わせやすくするためホワイトに変更し他の刻印部分もN様のご指示通りに変更しました。
ソールウエイトも25gに変更しこれもバックフェイスドットに合わせブラックトランスルーセントに変更しました。
シャフトは本家のキャメロンでは絶番で手に入らなくなってしまった当店オリジナルのブラッククロームのステップレスに変更です。
更にバンパー部分にSCOTTY CAMERONの刻印をサイトラインと同色のホワイトで統一して仕上げました。
当店では定番になりつつあるカスタムですがバンパー部分にはご自身の名前や色々な文字を入れてみるのも良いかもしれません。
またブラックシャフトが光の反射を少なくする事でアドレス時に起こる太陽の嫌な反射もしないのでターゲットに合わせやすくパットに
集中する事ができます。しかも見た目もかなりカッコ良くなりますので本当にオススメのカスタムですね。。。(*^^)

 

アッタス ATTAS 5GoGo

今日は最近お問い合わせが徐々に増えてきたアッタスシリーズ5代目の5GoGoのリシャフトをしました。
先日ゴルフをご一緒させて頂いたSさんのご依頼でリョーマD-1ドライバーを作業しました。
現在私もこのオレンジ色のにくい奴をテスト中ですが癖がなくタイミングがとり易いことからご指名を頂きました。
スペックは5Sを長さ45.25incでバランスD2のゴルフプライドニオングリップでセッティングしました。
Sさんはドライバーに苦手意識がある様ですがリョーマの掴まりの良い11.5度のヘッドとタイミングの取り易い
癖のないシャフトとの組み合わせにより今まで苦手だったドライバーが好きになって頂けると思います。。。(*^^)v

共栄ゴルフ ZESTAIM Fi-0CB 限定アイアン

今日は共栄ゴルフの200Set限定モデルのZESTAIM Fi-0CB  アイアンヘッドが入荷しました。
このアイアンは数量限定の4~P/7本Setの各種シャフト/グリップでのオーダー販売となります。
特徴は何と言っても軟鉄鍛造一体型ならではの打感の良さとCNC加工による精度の高さです。
見た目も非常にシンプルかつオーソドックスなプロキャビでシブイ仕上がりになっています。
お客様にはご希望のスペックでオーダーして頂きオンリーワンを製作させて頂きたいと思います。
と言ってもあと何セット入荷するかは分かりませんので欲しい方はお早めにどうぞ。。。(^O^)

IOMIC Sticky 1.8 GRIP

今日はご近所のKさんのクラブのグリップ交換をしています。
先日三浦技研のCB-1007アイアンをお買い上げ頂き全番手IOMIC Sticky 1.8 で統一しました。
過去にイオミックを使用した事がなかったKさんですがアイアンに挿したグリップが気に入って頂けた様で
今回は他の全てのクラブを同じIOMIC Sticky 1.8 のM60 BLありに交換する事になりました。
やはりIOMICのフィーリングと何と言ってもミスヒット時にブレに繋がるトルクの特性が良い結果をもたらせてくれます。
食わず嫌いで新しいものを試さず同じモデルのグリップを使い続ける方が多いですが一度試して頂ければ
そのフィーリングやトルク特性といった性能の部分も優れていますが耐久性にも優れていてカラーもオーダー可能です。
今年になってから種類も増えてますます選択肢も広がりましたので必ずお気に召す1本を選べると思います。。。(^O^)



 

三浦技研 CB2007 IRON

今日は昨日ゴルフ帰りに来店頂いたゴルフ仲間のIさんのオーダーで三浦技研CB2007アイアンをアッセンブルしました。
リシャフトのご相談で来店されたIさんですが置いてあったCB2007アイアンのヘッドを見るなりすぐさまご注文を頂きました。
本題のドライバーのリシャフトはそっちのけで話はアイアンのセッティングについての話に完全に脱線状態に・・・(+o+)
幸いご希望のシャフトもグリップも在庫があるので早速今日の朝から作業を始めました。
私たちの業界では良くある話ですが急いでないから・・・と言う方に限って2日もするともしかして出来てる?のパターンと
いつ出来あがりますか?急いでるんですが・・・と言う方に限ってなかなか取りに来ないパターンが多いですね・・・(T_T)
間違いなくIさんは前者のパターンですので明日電話があっても大丈夫です。。。(^_-)-☆