ホーム>スタッフブログ>2013年11月

2013年11月

VOKEY COLD FORGED WEDGE

今日は宮崎県のK様からのオーダーでタイトリスト最新のボーケイコールドフォージドウェッジを製作しました。
ロフト角は52度と58度でバウンス角はともに8度のローパウンスモデルのヘッドを選択しました。
東京の私からすると一年中暖かいイメージのある宮崎ですがやはり冬は芝が薄くなる様でローバウンスが使いやすいそうです。
シャフトはあの松山選手が使用して話題のデザインチューニングのカラーシャフトでDG TOURISSUEのS200で組みました。
今回K様が選んだのはプロトタイプでシャフトの半面にカラーリングされたアドレス時には通常のスチールと変わらないモデルです。
またヘッドの刻印のカラーリングもK様からのご依頼で全て剥離してプロトタイプ風にカスタムメイドしました。
出来あがった2本のウェッジを眺めてみるとかなりカッコ良く仕上がりましたのでお気に召して頂ける事と思います。。。(^O^)

Justick PROCEED TCR-TOUR FW

今日はゴルフ仲間のIさんからのオーダーでフェアウェイウッドをアッセンブルしました。
Iさんには先日3Wと5Wを納品させて頂きましたが今回は7Wの追加のご注文を頂きました。
ヘッドはプロシードTCR-TOURの21度にシャフトはバシレウスレジーロFW65Sでセットアップしました。
今回の7WのオーダーでIさんのウッド系はこれで全てプロシードのTCRで統一されました。
シャフトは1W/3W/5W/7Wの全てバシレウスレジーロシリーズで統一され飛距離と方向性もかなり良くなりました。
いつもFWにはお悩みでセッティングがいまいち決まらなかったIさんですがこれからはビシッとセッティングの決まったFWが
スコアメイクに役立ってくれる事と思います。もうすぐにオフシーズンとなりますが少し打ち込んで頂き来春からのいろいろな競技で
このFW達が活躍して今まで以上の成績をきっと残してくれる事でしょう。。。(*^^)v

Titleist 913H TourAD DI HYBRID

今日は神奈川県のYさんからのオーダーでTitleist913H/19&24をアッセンブルしました。
先日YさんにTitleist913H /21をTourAD DI-HYBRID 85Sをご注文頂き納品させて頂きましたが
大変お気に召して頂けた様で早速21度の前後のロフトの19と24の2本を追加でオーダー頂きました。
今回シャフトはYさんのご希望で2本ともに21と同じTourAD DI-HYBRID 85S でセッティングしました。
Yさんの様にこちらがオススメしたセッティングでご購入頂きその後に追加オーダーを頂けると本当に嬉しいです。
この度もこの2本をMAX流のスパイスを利かせたYさん仕様で仕上げましたのできっとお気に召して頂ける事と思います。。。(*^^)v

MIRAI GOLF PROTO 5C WEDGE

今日はゴルフ仲間のO山田さんからのオーダーでウェッジを2本アッセンブルしました。
ヘッドはMIRAI GOLF PROTO 5C WEDGE の52度と58度で仕上げは5層メッキのプレミアムモデルです。
通常のメッキと違い銅メッキがメッキ層の間に入る事で非常に柔らかい打感をもたらす仕上げになっています。
またソール部分はツアーコンケープと呼ばれる溝の様な削りが入っていて抜群の抜けを実現しています。
今回はこのスペシャルヘッドに組み合わせたシャフトはウェッジ専用のNS PRO WV105で現在O山田さんが
使用中のエースウェッジと同じ仕様にしました。
完成スペックは52-07-63.5-452g-D2-35.25incで58-12-64-455g-D2-35incに仕上がりました。
またこのプロトタイプヘッドはソール部分に番手表示やロフトの刻印もなくバックフェイスに小さくロフト刻印が
あるだけなのでグリップは限定品のIOMIC Sticky PROSPECを色違いで挿しました。
これでラウンド中にヘッドの小さい刻印に目を近づける事無くグリップの色で見分ける事が出来るので
眼鏡使用で視力の弱いO山田さんのプレーもスムーズにいくと思います。
クラフトマンの特権で出来あがったウェッジを少し試打させてもらいましたが打感と乗り感は凄いの一言です。。。(*_*)
 

VOKEY WEDGE WORKS TVD SM4

今日は東京都のS様からのオーダーで日本未発売レアモデルのボーケイウェッジワークスをアッセンブルしました。
S様は以前にもこのウェッジをオーダー頂きご使用頂いてますがだいぶ傷んできたのでまたご注文を頂きました。
スペックは前回と全く同様に52Mと58MのツアークロームでDynamicGold TOURISSUE X100の組み合わせです。
52Mが長さ35.25incライ角63度バランスD3で58Mが長さ35incライ角63.5度バランスD5で仕上げました。
ツアークロームの在庫はS様のオーダーの分でなくなりました。
このモデルは国内では市販されていないので次の入荷は全く未定です。。。(*_*)

BUCHI MT-201 PROTOTYPE WEDGE

今日は千葉県のT様からのオーダーでBUCHI MT-201 PROTOTYPE WEDGE をアッセンブルしました。
A/52とS/58のサテン仕上げのヘッドにNS PRO Modus3 SシャフトとIOMIC BA1.8グリップの組み合わせです。
T様は先日ご来店の際に当店試打用のこのBUCHI MT-201 PROTOTYPE  ウェッジを試打 さされされお気に召して頂きました。
最近はアイアンセットにモーダスシャフトをご使用になっている方が多く今回もモーダスシャフトをご指定でした。
完成スペックはT様とご相談の上A-52-63-35.25-D2とS-58-63.5-35-D3に仕上げました。
T様にはこのウェッジでさまざまな状況からのチャンスやピンチをいっぱい楽しんで頂きたいですね。。。!(^^)!


 

TITLEIST VOKEY COLD FORGED

今日は東京都のH様のオーダーで先日発売されたばかりのTitleist の最新ウェッジをアッセンブルしています。
オーダー内容は52-08&58-08のヘッドにDynamicGold TOURISSUE S200の組み合わせでグリップはIOMIC Sticky1.8です。
この最新のコールドフォージドは日本限定となるモデルで旧モデルでは重過ぎだったヘッドウエイトが軽くなりました。
古いボーケイはバランスが重くなりすぎてヘッドに穴を開けて軽くするカスタム依頼がかなりありましたが
今回のモデルは加工なしでメーカー標準の長さで組んでも丁度良いD2~D3ほどで納める事が出来ます。
今までのボーケイでは重すぎて使えなかった方にも加工なしで色々なシャフトでカスタム製作して頂きたいと思います。
また冷間鍛造という製造方法なので前作より打感も柔らかくなりフィーリングも良くなっていてロフトやバウンスの種類も増えました。
当店はタイトリストユーザーがとても多いのでこれから色々なヘッドの種類と各種シャフトでの組み合わせでオンリーワンウェッジを
オーダーして頂ける方が増える事と思います。。。(^O^)

JBEAM BM-435R + ATTAS GⅡ

今日は千葉県のM様からのオーダーでJBEAM BM-435Rドライバーをアッセンブルしました。
リアルロフト11度フェース角+0.5度のヘッドにアッタスのプレミアムシャフトMy ATTAS GⅡ5Sを組み合わせました。
完成スペックは45.75inc/306g/D3/249cpmでお打ち合わせ時にご希望だったスペックに仕上がりました。
M様にとって初の高弾性80tシャフトへの挑戦ですがきっと飛距離性能に驚いて頂ける事と思います。
最終的なセッティングはソールウエイトの交換により重量調整によるバランス変更や掴まりなどを微調整して頂く予定です。
基本的には高弾性80tとDAT55のジャジャ馬セッティングですが飛距離性能は折り紙つきですので曲がらなければ
かなりのぶっ飛び仕様で武器になるエースドライバーになってくれると思います。。。(^_-)-☆

 

SCOTTY CAMERON Newport 2 Select Custom

今日は香川県のN様からのオーダーでスコッティキャメロンセレクトNP2カスタムパターを製作しました。
ホームページの商品欄を見てお問い合わせを頂きN様のご希望で34incで20gのヘビー仕様でご注文を頂きました。
N様のご希望で160gのヘビータイプシャフトとスーパーストローク2.0グリップに変更しました。
最近はキャメロンに限らず重いパターを好む方が多くさまざまなヘビー仕様へのカスタム依頼もありますが
N様の場合はかなり重めがお好みなので今回は総重量600g近いスーパーヘビー仕様で製作しました。
これで今までの様にシャフトを鉛だらけにする事もなく見た目もカッコ良いパターでゴルフを楽しんで頂けると思います。。。!(^^)!



 

GRAPHITE DESIGN TourAD MT

今日は東京都のT様のJBEAM450PremiamドライバーをTourAD最新モデルMTにリシャフトをしました。
このMTシリーズはDI/BBの後継モデルという位置づけで中調子の癖のない仕上がりになっています。
すでに発売から何本かお客様にリシャフトしていますがご使用しての評判はまずまずでグラファイトデザインらしく
オーソドックスなしなりでタイミングがとり易く長めのセッティングでもご使用頂けると思います。
しかし前作のGTやDJまたはクワトロテックといったグラファイトデザインの中でもやや走り系のタイプが合う方には
いまいちタイミングが合わないとのご指摘も頂いています。これは手元部分の撓り方の違いによるところで
走り系のシャフトは手元部分の剛性が高く設計されている為切り返しのタイミングがズレてしまうからです。
シャフトも多種メーカーから多様なモデルが出ていていろいろ悩むところですが基本の4パターンから重量やフレックスの
選択を間違えなければシャフト自体の性能はアップしているので飛距離と方向性は必ずアップするはずです。
また打ち手のスイングとヘッドとの相性などを考え煮詰めていきセットアップすれば別物のクラブになりますよ。。。(^_-)-☆