ホーム>スタッフブログ>2013年12月

2013年12月

本年もありがとうごさいました。

今年の営業も今日で最後になりました。年内に予定していた作業も無事に終わりました。
あとは出来あがったクラブを取りに来る方が2人と宅急便での発送手配をしておしまいです。
今年はJGAやパブリック主催の日本と冠の付く競技に私が手掛けたクラブで5人も出場されました。
また各ゴルフ倶楽部で初のクラブ選手権やシニア選手権などのタイトルを獲られた方も多く。
プライベートでは初の100切りやベストスコアの更新などなど嬉しいご報告がいっぱいありました。
皆さんの喜びのご報告を頂くたびに本当に自分の事の様に嬉しく思います。
また少しでも皆さまのゴルフのお役に立てる様に頑張って参りますので宜しくお願いします。。。m(__)m
 

DynamicGold TOUR ISSUE S200

今日はゴルフ仲間のAさんのTOURSTAGE 703Limitedアイアンのリシャフト作業をしました。
まずは現状のロフト角とライ角を計測し数値が狂っている番手を調整してからシャフトを抜きました。
これはシャフトを挿す時にセンター出しを行いますがどれくらいズレて入っていたか見る為です。
ヘッドを分解してシャフトのセンター出しで仮組みして再計測するとやはり誤差は最大で1度以上ある番手もありました。
狂っている番手を基準の数値に戻し仮組みしてからシャフトカットをして長さ調整を行いました。
これはライ角の狂いによる長さのズレを無くすための作業で狂ったライ角で長さを合わせてしまい後からライ角を調整すると
長さにも狂いが生じるためで2度以上の狂いだとバランスにも影響が出てきます。
また今回もヘッド重量を微調整し完璧にフローさせる事でバランスウエイトは一切使わずにアッセンブルしました。
これでAさんお気に入りの703Limitedも生まれ変わりきっと使い心地にも満足して頂ける事でしょう。。。(^_-)-☆

Justick PROCEED TCR TOUR SPOON

今日は東京都のK社長からのオーダーでぶっ飛びチタンの3Wをアッセンブルしました。
もともとFWが大の苦手だったK社長ですが私のオススメでまずはプロシードのUT27を使って頂きました。
最初はウッドみたいな顔でシャフトが短くて気持ち悪いなー(+o+) と言っていたK社長ですが・・・
ラウンドを重ねるうちにコレ凄く良いぞ♪ に変わりUT21とUT24も追加オーダー頂きました。
そしてその流れからついに大嫌いだったFWに挑戦する事になりTCR TOUR  CLEEKVCLEEKをご使用に・・・
シャフトは今回と同じFireExprees FW55SRをセッティングさせて頂きましたがこれまた絶好調で
ついにFWが打てないと言っていたK社長自らこれの3Wを同じシャフトでこしらえてくれ!!!となりました。
最初はFWが大嫌いと言っていたK社長ですが・・・そんな事言ってないで将来は3Wも使える様になりましょう!!!
と始めた3Wを打てる様になる大作戦は進んできました。
K社長は最近5Wで高いボールが打てる様になったのできっとこのまま3Wも使いこなしてくれる事でしょう♪
もちろん一生懸命練習もして頂きましたがやはりクラブというのは本当にイメージって大事ですね。。。(^_-)

Titleist 913H/19&21 DG TOUR ISSUE X100

今日は千葉県のH様からのオーダーでタイトリストの大人気モデル913Hを2本アッセンブルしました。
H様は現在CB712アイアンをご使用で20度の7Wと他社の20度のUTをセッティングしています。
やはりH様もFWが苦手なタイプで色々なハイブリッドやショートウッドを試してはお悩みのパターンでした。
そこで今回はアイアンの延長で優しいロングアイアン的なイメージで打てる様にセットアップする事にしました。
19/21ともにアイアンと同じDynamicGold TOUR ISSUE X100シャフトでセッティングしました。
長さ/重量/バランスともにアイアンと同一の流れでセツティングする事で非常にシンプルな構成となりました。
特にアイアンにX100などのハードスペックをお使いの方にはこの様なセッティングは振り心地も統一されますので
違和感なくハイブリッドクラブを使える様になると思います。
最初はアイアンと同じスチールで使用しハイブリッドに慣れる事で苦手意識もなくなります。
今はユーティリティ嫌いなH様ですがやがてカーボンにしても違和感なく使える様になりますよ。。。(*^^)v

イオミック IOMIC GRIP

今日は毎年年末の恒例のグリップ交換作業で朝から大忙しでした。
やはり新年の初打ちに向けて新たな気持ちでゴルフしたい方が多い様です。
この時期はグリップに交換に来店される方が多くついでにライ角とロフト角に狂いがないかをチェックする作業がとても増えます。
人によってそれぞれですが林の中から脱出の際に使うクラブのライ角が狂うパターンが多い様です。
例えばMさんの場合は林からの脱出はいつも5アイアンなのでその番手のライ角が狂っていました。
またドライバーがほとんど曲がらないIさんはフェアウェイからほとんどターフを取らないので狂いは全くありませんでした。
いろいろなタイプのお客様がいますが皆さんグリップはIOMICをご指名される方が本当に多くいらっしゃいます。
細身が好きで柔らかいフィーリングを好まれる方はSticky1.8でそのままのフィーリングでやや太くしたい方は2.3です。
またしっかり感があるのがお好みの方はX-GRIPを選択される方が多く太めでグリップ力重視の方はX-Evoを選びます。
各種性質が異なりますがそれぞれ色んなカラーもありますし耐久性の面でも優れているのでIOMICは人気なのでしょう。。。(^_^)

Titleist 712U PROJECT-X

今日はタイトリスト好きな東京都のKさんからのオーダーでTitleist712Uをアッセンブルしました。
ヘッドは21度ロフトの3番にKさんがアイアンに使用中のPROJECT-X6.5シャフトを組み合わせました。
この712Uはユーティリティが苦手なKさんにはピッタリな中空構造のアイアンです。
ハイブリッドクラブの見た目に違和感がある方やスピン量が多いタイプの人にはオススメのクラブです。
また通常のフォージドアイアンの様にロフト角とライ角を調整できるので色々なセッティングにも対応できます。
Kさんの様にアイアンの延長で優しくロングアイアンを打ちたいイメージの方には是非使って頂きたいクラブですね。。。(*^^)

Titleist VOKEY SM4 WEDGE

今日は長野県のT様からのオーダーでボーケイSM4ウェッジをカスタムでアッセンブルしました。
ヘッドはブラックニッケル仕上げをブラスト加工し艶消しのサテン仕上げにしました。
T様は現在KBS TOUR Sをアイアンにご使用中なのでシャフトはKBS TOUR HiRev125をご指名頂きました。
完成スペックは52-08-35.5inc-D3-460g / 58-09-35inc-D4-469gで仕上がりました。
またT様のご要望で2本ともにロフト角は標準でライ角は1度フラットに調整させて頂きました。
今回バックフェイスのカラー変更のオーダーはなくブラストにより刻印の色が抜けた状態です。
このシブい感じに飽きたらご自身で刻印をペイントしてプチカスタムをして楽しんで下さいませ。。。(#^.^#)

Titleist 913H TourAD DI HYBRID

今日は東京都のM様からのオーダーでタイトリストの大人気ハイブリッド913Hをアッセンブルしました。
N様は以前に910HをDI-HYBRIDで製作させて頂きましたがかなりヘッドがくたびれてきたのでご相談を頂きました。
910Hと913Hはスリーブに交互性がないため新しい913Hのヘッドに現在のシャフトを取り付けする事が出来ません。
N様は最近は少し重く感じてきた事もあり95Sから85Sにスペック変更して新たにオーダーされる事になりました。
とりあえずこれからの冬場は85Sでご使用になって頂き春先になって軽く感じる様なら95Sに戻せば良いと思います。
現在の910H用の95Sのシャフトを913H用のスリーブと交換する事も可能なのでとても良い選択だと思います。
910Hと913Hスリーブの交互性はないもののやはりこのタイトのカチャカチャはとても便利ですね。。。(^_-)
 

SCOTTY CAMERON Select Custom

今日は大阪府のN様からのオーダーでスコッティキャメロンのセレクトNP2パターをカスタムしました。
当店のホームページ商品欄の当店オリジナルカスタムパターをご覧になってお問い合わせを頂きました。
N様は現在つるしのNP2をお持ちで当店のカスタムパターの様になりませんか? と言う事でした。
もちろんパターを送って頂ければご希望通りに仕上げますよ♪ で早速送って頂きました。
ご相談の上ヘッドはトランスルーセントブラックにリペイントしウエイトは20gに変更で同色にしました。
またバンパー部分にN様のお名前を刻印しブラックメッキシャフトに交換し34incのヘビー仕様にしました。
またグリップもブラックにホワイトダンシンググリップを挿す事でとてもカッコ良く仕上がりました。
トランスルーペイントは色々なカラーが可能なんですがやはりブラックにブラックシャフトでサイトライン等と
バンパーの刻印をホワイトペイントでオーダーされるパターンが一番人気です。
残念ながらオーダー頂いたN様は年末は忙しくラウンドの予定はないそうですが年明けにラウンドするそうです。
新春の初打ちではこのカッコ良いパターを持って気分良くラウンドを楽しんで頂きたいですね。。。(^_-)-☆

TourAD AD-75R

今日は東京都のKさんのアイアンのリシャフト作業をしています。
もうすぐ70歳を迎えるKさんですが最近クラブが重く固く感じるそうで現在ご使用中のTourAD85Sから
重量とフレックスをスペックを見直しリシャフトをする事になりました。
色々なシャフトをご提案させて頂きましたが頑固者のKさんは他のシャフトに変えるつもりはない様で・・・
同じシャフトで軽くして柔らかくしてくれ!!! とのご注文を頂きました。
ゴルフ歴も長くこのADシリーズのシャフトを長く愛用しているので他のシャフトにチェンジする事に抵抗があるそうです。
Kさん曰くあと何年ゴルフが出来るか分からんのに他のシャフトに慣れるのに時間が掛かったら嫌なんだ!!! と・・・
なるほど!!! と思いましたがまだまだお元気なKさんにはこれからもゴルフをいっぱい楽しんで頂きたいと思います。
私もKさんのゴルフに少しでもお役に立てる様努力させて頂きます。。。(*^_^*)