ホーム>スタッフブログ>2014年1月

2014年1月

三浦技研 CB1007 SPL GRAIND

本日待ちに待った三浦技研のCB-1007のSPL GRAINDヘッドが入荷しました。
昨年三浦技研の社長とお会いする機会があり私が使用中のCB-1007について
いろいろなお話をさせて頂きました。具体的にソール形状やトップラインやトウの部分の
形状など自分の考えや好みをぶつけてみたら快く具現化して頂けるお約束を頂きました。
納期に2カ月ほど掛かりましたが早速市販モデルと比べてみると違いは明らかです。
私の口頭の説明と汚いスケッチからのご相談から本当に素晴らしいヘッドに仕上げて頂きました。
更にメッキと刻印のカラーも変更し見た目もかなりカッコ良くなりました。
CB-1007はY-GRAINDモデルが別ラインで発注も可能ですが今回の特別に仕上げて頂いた
SPLグラインドも詳細を数値化して当店オリジナルのMAX GRAINDとして販売する予定です。
またその他のご要望や他のモデルのカスタムグラインドも対応していきたいと思います。。。!(^^)!
 

VOKEY COLD FORGED DesignTuning

今日は大阪府のK様からのオーダーでウェッジを2本アッセンブルしました。
ヘッドはタイトリストの最新の軟鉄鍛造モデルVOKEY COLD FORGED  
52-08&58-08で日本の芝の特性に合わせて設計された日本専用モデルです。
このヘッドに組み合わせたシャフトはデザインチューニング社最新モデルの
DynamicGold TOURISSUE S200 ブルーを2本ともにセットしました。
完成スペックは52-08-63-35.25inc-D2/58-08-63.5-35inc-D3で組み上がりました。
もともとヘッド重量が軽くバランスの出にくいモデルなのでグリップも軽めの重量の
GolfPride MCC 48gを選択する事でバランスのとれたアッセンブルになりました。
またヘッドのバックフェイス部分の赤いペイントをシャフトカラーに合わせブルーに変更しました。
シャフト/グリップ/ヘッド刻印カラーをブルーで統一した最高にカッコ良いウェッジに仕上がりました。。。(^_-)-☆
 

Ryoma 1W リシャフト&塗り替え

今日は常連様のKさんのRyomaをカスタムしました。
先日KさんはエースドライバーをTourAD MTにリシャフトしてお気に召して頂いた様で
今回はセカンドのリョーマも同じMTにリシャフトする事になりました。
ヘッドの傷が目立つので分解したついでに塗り替えもする事にしました。
いろいろ考えた結果MTと同じ色にしちゃおう♪となりイエローのパール入りに決定。
本日、塗装の乾燥と養生期間が過ぎたのでめでたくMTシャフトを装着しました。
いままでピンクやブルーメタなど派手なカラーリングに塗り替えはありますが
今回のイエローパールは過去最高に綺麗で派手な最高の仕上がりになりました。
Kさん遊び心満点のこのドライバーでゴルフをいっぱい楽しんで下さいね。。。(^_-)-☆

BALDO 8C CRAFT TA001

本日バルドのニューモデル8C CRAFT TA001ドライバーが入荷しました。
ヘッド体積は450ccで前作のVT511より一回り大きくなり重心深度もやや深く
重心距離を長くした事で優しさと更なる飛距離を追求したヘッドになりました。
先日同社のN社長と会う機会がありこの8Cの開発におけるお話を伺いました。
私も以前VT511ドライバーを使っていましたが重心距離が短く掴まりが良いのが
利点でもありますが撓り戻りの早いタイプや高弾性の飛び系シャフトを選択した場合
飛距離性能は抜群ながらややピーキーなジャジャ馬になる傾向がありました。
今回のNEWモデルはその辺も踏まえより進化をさせた設計になっているとの事で
よりシャフトの選択肢が広がりさまざまなスペックに対応できる様になっています。
このモデルはシャフトの性質を邪魔する事なくシャフト本来の性能を発揮する事か
可能なヘッドに仕上がっています。
まずは試打クラブを製作してさまざまなデータを蓄積していきたいと思います。。。(^O^)
 

BALDO TT PROTOTYPE TOUR F3

今日は神奈川県のW様からのオーダーでバルド最新モデルのTOUR FWをアッセンブルしました。
現在W様は同VT511モデルのドライバーをご使用中で今回は同モデルの3Wをご注文頂きました。
ヘッドはツアータイプのナイトモデルで黒色の精悍な顔つきをしたF3/リアルロフト15です。
組み合わせるシャフトはATTAS FW75Xの5GoGoカラーを42.75incでセットしました。
予めフェースアングルがオープンのヘッドを更に組み付け時に開きアングルは-1度にする事で
パワーヒッターのW様のご希望に添える様セットアップしました。
このTOURモデルはバルドの数種類あるFWの中でもディープ形状で強い弾道が期待できるタイプです。
癖のないTip剛性の高いシャフトとの組み合わせは現在のW様にとっては最適なセッティングです。
強弾道で左を気にせずお使いになって頂けるのできっとお気に召して頂ける事でしょう。。。(^_-)-☆
 

BUCHI SP-101 52&58

今日は定休日でしたがいろいろ溜まってしまった作業をしました。
昨年の暮れに東京都のK様からオーダーを頂いたBUCHIのSP-101ですが
しばらくメーカー欠品が続いていて本日入荷しました。
K様の週末のラウンドに間に合う様早速52&58の2本をアッセンブルしました。
シャフトはDG-X100でグリップはIOMIC Sticky1.8でセットアップしました。
スペックは52-63-35.25inc-466g-D3/58-63.5-35inc-470g-D3で完成しました。
あとは先程バックフェイス部のペイントをしたので今晩乾かして明日納品です。
大変お待たせしましたが週末のラウンドはいっぱい楽しんできて下さいませ。。。(^_-)-☆

CB-2007 CUSTOM GRIND

今日は東京都のN様からのオーダーで三浦技研のCB-2007アイアンをアッセンブルしました。
先日N様がご来店の際に試打用のCB-2007を見ながら色々なご意見を伺いました。
今回はN様のご希望を叶えるべく2007ヘッドの削りを変更しメッキ処理も変更して製作する事にしました。
変更点はトップラインをやや厚めしトウ側に削りを入れより強い弾道をイメージできる形状にしました。
また落ち着いた見た目と柔らかい打感をイメージできる様ニッケルサテン仕上げにに変更しました。
このニッケルサテン仕様は通常のクロームメッキと異なりややゴールドっぽくフラットな印象です。
またクローム層を省く事で実際に手に伝わるフィーリングもソフトになります。
唯一の難点はメッキ層が非常に柔らかい為クラブ同士の当り傷が目立つ事です。
完成したクラブをまじまじ見るとバックフェイスのデザインこそ同一ですがまるで別のクラブの様です。
世界に名だたる三浦技研アイアンをツアー選手同様にN様のご希望通りに削りを入れ仕上げた
世界に1セットの究極のアイアンが完成しました。。。(^_-)-☆

VOKEY WEDGE WORKS TVD SM4

本日アメリカ本土から日本未発売のボーケイウェッジワークスが到着しました。
今回は円安や諸事情によりごくわずかな数量の入荷です。
すでにご注文を頂いているお客様のカスタムオーダー分でほとんど無くなってしまいました。
順次オーダーを頂いているお客様からカスタムでアッセンブルしていく予定です。
今回は52M&58Mツアークロームのみ1セット予約以外で販売する事が可能ですので
早速ホームページに記載させて頂きました。
今春発売予定のSM5も気になりますがこのTVD SM4は鉄板の人気モノですね。。。!(^^)!

Titleist 913H TourAD DI HYBRID

今日は高知県のM様からのオーダーでTitleist913Hのカスタム仕様を製作しました。
M様は昨年に913H/19度をご注文頂き納品させて頂きましたが今回は21度を追加頂きました。
シャフトは前回の19と同様にTourAD DI HYBRID 95Xでこの組み合わせが最高に気に入っている様です。
この19度のカチャカチャ機能を使いロフトを寝せたりして色々なセッティングを試したそうですが
やはり21度が必要になった様で追加オーダーとなりました。
やはりこの組み合わせは相性が良く1本オーダーされると必ず追加注文の頂ける鉄板商品で
どんなタイプのゴルファーにも必ず合うスペックがありカチャカチャ機能やウエイトバランス機能で
絶対的なセッティングの幅があります。
M様の場合は前回の19度がドンピシャだったので今回は19に合わせたセッティングで納品させて頂きました。。。(*^^)v

CB-2007 ロフト角調整

今日はゴルフ仲間のO山田さんがアイアンの調整にお見えになりました。
このCB-2007は納品後一度ロフト角を全番手1度ストロングに調整させて頂きました。
通常ストロングに調整するとオフセットが変化しややグースネックになるのですが
前回の調整時にアドレス時の見た目に違和感がない事を確認しながら作業をさせて頂きましたが
ラウンドしてみるとやや引っかかる傾向なので元の数値に再調整となりました。
ロフト角は飛距離においては基本になりますが調整によってオフセットが変わりますので
微妙にボールの掴まりやバウンス角の変化により抜けなどにも影響します。
また季節や体調やスイングの変化によりベストなライ角やロフト角も変わってきますので
O山田さんにとってベストになる様色々な調整をしてみると良いと思います。。。(^O^)