ホーム>スタッフブログ>2014年11月

2014年11月

AKIRA TourWedgeⅡ

今日はアキラプロダクツのAKIRA TourWedgeⅡが入荷しました。
素材は8620スチールでヘッドの仕上げはPVDの黒とニッケルの2種類で
ともに下地に銅下メッキが入った柔らかい打感が特徴のウェッジです。
ロフトは50/52/54/56/58/60と6種類ありバウンス角は60度のみ8度で
その他は全て10度の設定になっています。
形状はソール幅を今までのモデルより広めにしフェースを厚くする事で
プロの求めるフィーリングを実現したモデルになっています。
早速入荷したばかりの52&58を組み立てロフトとライを調整してみましたが
素材がとても柔らかいのが直ぐに分かりました。
とりあえず試打用として当店の常連様に順番でレンタルしインプレや弾道計測の
お付き合いをして頂きデータ収集をしたいと思います。。。


 

BUDDY EpisodeA DRIVER

今日は山梨県のSさんからのオーダーでドライバーをアッセンブルしました。
ヘッドはSさんのご指名でBUDDY EpisodeAの白ヘッド10度にバシレウスの
最新アルファ50Sを組み合わせセットアップさせて頂きました。
完成スペックはリアルロフト10度/フェ-ス角0度/45.5inc/307g/D2.5/238cpmで
現在Sさんのエースドライバーと同等で長さのみ若干短く組み上げました。
現在のSさんのエースドライバーであるRyoma+FireRBはとても強敵ですが
このバディがエースドライバーを超えるかどうか私も非常に楽しみです。。。

MaxSoul Superior S03 Driver

今日はご近所のMさんからのオーダーでドライバーをアッセンブルしました。
先日Mさんにご愛用のドライバーとアイアンをお持ち頂きスカイトラックにて弾道計測を
しながらヘッドの好みや弾道などをお聞きしクラブフィッティングをさせて頂きました。
Mさんのご希望はMaxSoulの450tiだったのですがスピン量が少ないタイプのMさんには
こちらのS03の方が好相性でリアルロフトも11度を選択しました。
シャフトも摑まりの良いタイプがお好みで弾道計測の結果も先調子が好相性です。
データ上は先調子の摑まりの良いタイプが好相性なMさんですが引っ掛け癖もあるので
摑まりが良い中でも引っ掛けが出ずらいスピーダー569EvoSを選択しました。
完成スペックはリアル11度/フェース角0度/45.5inc/306g/D3/248cpmで組み上げました。
当初Sシャフトの硬さに心配していたMさんですがクラブの長さやシャフト挿入長のセッティングにより
丁度フレックス基準のSR相当になりました。
Mさんのご希望どおりこのシャフトの特性を活かし柔らかくしなやかに動きながらも全体のスピード感は
抜群で強く振る意識が無くても自然にヘッドスピードが増すドライバーに仕上がりました。。。

 

BUCHI VS200 WEDGE

今日は先日BUCHI VS200の52をご注文頂いたKさんからの追加オーダーで
同じ仕様の58をアッセンブルしました。
Kさん曰く先日オーダーしたVS200の52がとても気に入って頂けた様で特に打感が
柔らかくフェィスへの乗り感が気持ちよくボールを打つのが楽しくなった様です。
完成スペックは58-64-35inc-470g-D4.5で52に合わせ完全フローで組み上げました。
前回のデータを元にシャフトスペックとステップ位置合わせとシャフト挿入長さをピッタリ
合わせヘッド重量管理でグリップも重量管理で完璧に仕上げました。
このVS200を使った方は皆さんは口を揃えて練習が楽しくなったと絶賛の声を頂いています。
見た目のカッコ良さはもちろんですがアドレス時の顔の良さやヘッド自体の研磨の美しさがあり
打感の柔らかさやソールの抜け具合もとても素晴らしく皆様に満足して頂いています。
地味なアプ連は飽きてしまいがちですがこのVS200は打っていてとても楽しくなりますので
Kさんは益々アプローチの練習量が増えいつの間にか寄せが上手になっていると思います。。。
 

2014 Select Custum Putter

今日はメーカー欠品が続いている人気パターの2014セレクトNP2が入荷しました。
今回の入荷は33incと34incの長さでそれぞれ数本の入荷です。
早速バックオーダー分と店頭在庫分のカスタム作業を開始しました。
先ずは商品の検品や測定など不具合が無いかチェックしソールウエイトを外し
ペイントの剥離作業をしました。
ここまでの作業は全て同じですが各オーダーや在庫に合わせペイントや刻印等
の異なる作業になります。
今日はバックオーダーを頂いているルーセントブルーでカラー変更の分から先に
作業をしました。
また明日以降で時間をみながら在庫分のカスタムを進めていきたいと思っています。。。
 

タイトリスト Titleist 915H 3/21

今日はご近所のYさんオーダーで昨日入荷したばかりの915Hのリシャフトをしました。
Yさんからは発売以前からご注文を頂いていたのですが915Hの詳細が分からない為
入荷後に分解してからスペックについてはお任せを頂いていました。
およそ913Hとヘッド自体のスペックは同等なので913Hのデータが使えます。
今回Yさんは以前にご使用していたTourAD DI-HYBRIDをご指名でしたので
3/21に85Sを組み合わせ鉄板中の鉄板仕様でセッティングさせて頂きました。
完成スペックは3/21-40inc-373g-D3で予定通りに組み上げる事が出来ました。
これからYさんにはカチャカチャ機能を使い色々なセッティングを試して頂き
自分にとってのベストポジションを見つけ出して頂きたいと思います。。。

 

タイトリスト Titleist 915H

今日はタイトリストの最新915シリーズの915Hが入荷しました。
前作の913Hはロフト設定が17/19/21/24/27と5種類ありましたが
最新の915Hは18/21/24/27の4種類になりました。
本日は早速入荷したばかりの915Hを分解して913Hとの違いを
各項目に分けて計測してみました。
まずスリーブについては形状が異なりますが交互性はある様で
どちらも装着は可能で重量も同等でした。
またシャフト挿入長も同等でソケットも913H用が使える様です。
ヘッド重量についてはメーカーのカタログ値どうり913Hより重量は
増えている様で同じ長さの場合はバランスが約1ポイント重くなる様です。
その他の部分についてはまた測定し当店にある913Hと同じシャフトを装着し
ベクターやスカイトラックを使い弾道計測を行いデータを収集し比較したいと思います。
これから915Hをカスタムする方に適切なアドバイスとフィードバックできる様頑張ります。。。
 

SYB EZ-108

今日は東京都のKさんからのオーダーでユーティリティを3本アッセンブルしました。
先日手を怪我してからアイアンを打ち込めなくなってしまったので6番アイアンまで
をユーティリティにしたいとのご相談を頂きました。
そこでヘッドは6UT/30度の設定があるSYB EZ-108を選択し4UT/24と5UT/27の
3本セットでオーダー頂きました。
シャフトは現在アイアンで使用中のNS PRO 950GHのSRを3本ともに組み合わせました。
完成スペックは4UT-24-39.5inc-388g-D1-294cpm  5UT-27-39inc-393g-D1-296cpm
6UT-30-38.5-399g-D1-298cpmと3本フルフローで完璧に仕上げる事が出来ました。
このEZ-108の優れた部分は打感や打ち易さはもちろんですがライ角がフラットな為
ユーティリティにありがちな左への引っ掛けが少なく特に6UTはライ角を5UTと同じに設定し
ロフトの寝ている30度の摑まり過ぎを抑える設計なので大ロフトのUTには効果的です。
Kさんには手が完治するまではこの3本のユーティリティを使ってあまり無理をせずに
身体にも優しいシンプルなゴルフをして頂きたいと思います。。。

三浦技研 CB-2007 IRON

今日はご近所のKさんがアイアンのクラブフィッティングに来ました。
以前から三浦技研のアイアンに興味がありご相談を頂いたので
現在お使いのアイアン2セットをお持ち頂きました。
まずスカイトラックで現在ご使用中のボールとアイアンで弾道測定をさせて
頂き続いて当店の試打アイアンも何本か打って頂きデータを取りました。
その後Kさんに対していくつかの項目を問診させて頂き現在のクラブスペックを
測定させて頂きクラブについての好みなどを踏まえスペックが決定しました。
ヘッドについては弾道測定と好みからCB-2007をベースにしました。
メッキの種類やヘッド形状については試打クラブや形状変更したCB-2007を
見ながらKさん好みに特注オーダーする事になりました。
シャフトについてはあらゆる角度からNS850Rを標準差しでセッティングする事に決定。
あとは私が完成スペックからヘッド重量やライ角やバウンス角やホーゼル口径などを
計算しKさんにとってベストなヘッドの数値を割り出しメーカーにオーダーしました。
完成まで約1ヶ月掛かりますがKさんにとって世界に1セットのオンリーワンアイアンですので
楽しみにお待ち下さいませ。。。

Wilson TPA XVⅢ PUTTER

今日は東京都のSさんのパターをリセッティングしました。
Sさんは名器と言われるこのWilson TPAを何本かお持ちですが
今回は以前カスタムしたパターをリセッティングする事になりました。
現在の長さ33.25incから34incに全長を伸ばしグリップをIOMICの
アブソルートから最新のアブソルートXに変更しました。
完成スペックは34inc-570g-C5-ロフト4.5度-ライ角71.5度でやはり
オールドパターらしくアップライト&ウィークロフトです。
何本もパターを所有しているSさんですがやはり打ち方とパターの相性が
ありアップライトでハンドファーストのSさんにはこのTPAのスペックとの
相性が良くグリーンでは良い結果を出せるのだと思います。
TPAは重量が軽いのですが以前にシャフトを160gのヘビータイプに既にカスタム
済みなので後はヘッドに鉛を張って自分好みのフィーリングに調整して
Sさんのエースに仕上げて頂きたいと思います。。。