ホーム>スタッフブログ>2015年2月

2015年2月

A DESIGN A GRIND HYBRID 4/23

今日は私の所属倶楽部の先輩のYさんのご依頼でハイブリッドをアッセンブルしました。
優しくゴルフをしたいと数々のウッド型ユーティリティを試しているYさんですが
どうもしっくりこない様で先日当店の試打用のAGRIND中空アイアンをレンタルしたところ
お気に召して頂けた様でこの度#4/23をオーダー頂きました。
組み合わせたシャフトは日本シャフトの最新軽量スチールNS PRO ZEROS 8Rで
スチールながらカーボンの様なフィーリングで高弾道な球が期待できます。
また撓りはスチール特有の粘り感もありタイミングがとり易い事も特徴です。
完成スペックは#4-23-61-383g-38.75inc-D1.5で仕上がりました。
この中空型のハイブリッドはライ角やロフト角の調整が可能なのでYさんには
ラウンドを重ねて頂き調整をしながら信頼できる1本に仕上げて頂きたいと思います。。。

AGRIND IYA DO-MO WEDGE

今日はADESIGN社のAGRIND IYA DO-MO ウェッジが入荷しました。
このウェッジはツアー選手から絶大なる支持を受けているADESIGN社が
片山晋吾プロ監修の元にAGRINDブランドとコラボした限定ウェッジです。
ロフト角は最近のストロング化に合わせA-50度とS-56度の設定で
シャフトはNS PRO 950 UNI-FLEXのみの設定です。
グリップはIOMIC社製のSticky1.8の黒が標準装着されています。
このウェッジの特徴としては優しいクラブを使う片山晋吾プロ監修らしく
AWとSWともにソール幅がとても広く優しく打てる印象です。
アプローチが苦手な方やオートマチックに寄せたいタイプの人には
是非一度試して頂きたいウェッジだと思います。。。

2014Selec Custum NewPort2.5

今日は東京都のK様からのオーダーでパターをカスタム製作しました。
パターはスコッティキャメロンのセレクトNP2.5の34incでK様の好みに
クリアブラックにカラーカスタムしバンパー部分にはSCOTTY CAMERONの
刻印を施しその他刻印文字を黒と白に分けてカスタムペイントしました。
グリップはヘッドのカラーに合わせIOMICのMIDブラックを挿しソールウエイトは
15gの標準から20gのヘビー仕様に変更しバランスもD9と限りなくEバランスに
近くなりK様ご希望のヘッドの重さを感じるセッティングにしました。
キャメロンではピンネックのNPやNP2が人気ですがこのオーバーホーゼルで
ショートネックのNP2.5もアドレスしやすくブラックカスタムとの相性も良く
全体のバランスもとてもセンス良くまとまりました。
K様には自分好みにカスタムメイドしたこのSELECT NP2.5でこれからも
よりいっそうグリーン上でパッティングを楽しんで頂ける事でしょう。。。

Basileus AAA 2015Limited

今日は群馬県のU様のドライバーのリシャフト作業を行いました。
先日U様にご来店を頂いた際に弾道計測をさせて頂きデータを収集しましたが
現在よりヘッドスピードとミート率のアップとスピン量の減少を目指して総重量の
軽量化と先端剛性の高いシャフトへのチェンジをする事になりました。
今回はスペックを吟味し3種類のシャフトをご提案させて頂きましたが
以前から気になっていた事もあり今しか手に入れる事が出来ないバシレウスの
2015限定シャフトAAAトリプルエーで決定しました。
シャフトのスペックは先端剛性がX並に高く手元が柔らか目の50Rを選択し
ジャンバティストJB-501ヘッドとGolfPrideMCCとの組み合わせで完成スペックは
46inc-302g-D3-232cpmとなりました。
U様にとってタイミングがとり易くミート率も上がりスピン量が減る理想的なドライバーに
仕上がったと思います。。。
 

 

三浦技研 MB-5000WC SPL GRIND

今日はゴルフ仲間のHさんのウェッジを2本アッセンブルしました。
ヘッド三浦技研の5000WCでHさんの好みやご要望に合わせて
メーカー特注で製作したAWとSWです。
Hさんのご希望でヘッドの輪郭は標準の5000WCのままソール形状の変更
とバウンス角を共に8度に変更しFPは基準値のままロフト角を51度と57度に
設定して番手表示はAとSにし刻印カラーも赤に変更しました。
ライ角とヘッド重量とホーゼル内径に関しては過去にHさんが使用していた
データを見ながらベストな数値を計算しそれぞれオーダーしました。
組み合わせたシャフトは現在アイアンで使用中のModus120Sです。
完成スペックはA-51-64-35.25inc-452g-D3 / S-57-64.5-35inc-457g-D4で
計算どおりの狙ったスペックに仕上げる事が出来ました。
これからのシーズンの各競技でこの2本のウェッジが数々のピンチを救ったり
バーディーチャンスを増やしてくれる事と思います。。。
 

Jean-Baptiste JB501 Driver

今日は群馬県のU様にご来店頂きドライバーの弾道計測を行いました。
U様には昨年ジャンバティストJB501ドライバーを製作させて頂きご使用頂いていますが
最近ドライバーの調子が悪くご相談を頂きました。
現在のお悩みやミスの傾向などお話をさせて頂き弾道計測をさせて頂く事にしました。
室内ではベクターを使った弾道計測なのですがやはり実際にU様に打った弾道を確認して
頂きより納得して頂ける様近くにある250yある練習場にスカイトラックを持ち込み計測させて頂きました。
JB501の他にU様がお持ちの異なるシャフトのドライバーも打って頂きいろいろ比較しながら
ナイスショットの数値とミスヒットの数値のデータを取らせて頂きました。
弾道計測の結果はやはりU様がおっしゃるとおりボールが吹き上がる傾向にあり理想の回転数より
平均すると1000回転くらいバックスピンの量が多くまたミスショットの場合は超尺特有でありがちな
ヘッドのブレがありました。
今回の計測でナイスショットとミスショットを照らし合わせシャフトの先端剛性の高い50g台で超尺でも
タイミングがとり易い中間剛性を抑えたシャフトに交換する事になりました。
これからJBのメーカーフィッティングデータなどを参考にシャフトを3種類に絞り込む予定です。。。
 

Basileus AAA 2015Limited

今日はトライファスのバシレウスシリーズの2015モデルAAA
限定のトリプルAシャフトが入荷しました。
今回のAAAは前作よりしっかりした固めの仕上がりになっていて
ABマップではBタイプとなりヒッタータイプ向けのシャフトです。
このシャフトのフィッティングに関しては以前の試打や各スペックを測定
すると前作より1フレックス硬めになっているのでフレックス選びには注意が
必要でうっかりいつもと同等のフレックスを選択すると痛い目に合う恐れがあります。
またこの特性を活かして46inc以上の超尺に使用する場合は通常モデルを超尺にした
様なコシのないフィーリングにはならず超尺でもかなりの弾き感が得られると思います。
超尺で飛ばしたいが弾きくフィーリングが欲しい方にはオススメです。。。

BRIDGESTONE FORGED WEDGE

今日はゴルフ仲間のAさんから頼まれたウェッジが入荷しました。
ブリヂストンゴルフにブランドが変わった最新モデルのFORGED
の52と58で早速ロフト角とライ角を測定しました。
やはり見た目とおりかなりアップライトで2本ともに65度になっていました。
また58度のロフト角も57度になっていたので2本ともに調整をしました。
Aさんが現在お使いのアイアンとウェッジは以前にリシャフトしたので
今回の調整はとりあえずそのデータに合わせて52-63.5 / 58-64にしました。
シャフトも長さも現在使用中のウェッジと同じですがFPやソール形状などの
違いによりAさんにとってベストなライ角やロフト角も変わってきますので
今後ラウンドと微調整を重ねながら手に馴染むウェッジに仕上げて頂きたいと思います。。。
 

三浦技研 MB-5000WC SPL GRIND

今日は東京都のO様からのオーダーでウェッジをアッセンブルしました。
ヘッドはミウラクラフトマンワールド仕様の特注オーダーの5000WCで
O様のお好みやご希望で製作しました。
ロフトは52度と58度でバウンス角をともに9度にしトゥの上部分と
リーディングエッジのトゥとヒール部をグラインドし丸顔にしました。
FPについてはリーディングエッジを丸くした分1mmオフセットしました。
またメッキについてはフェース部の下地に銅下メッキを施す事で
柔らかい打感とボールの食いつきとフェースへの乗り感が向上します。
その他ロフト刻印やバックフェイスの刻印やカラーについてもO様の
ご希望通りに出来上がりました。
組み合わせたシャフトはModus130Sでこれからアイアンのリシャフト予定に
合わせセッティングさせて頂きました。
 O様の好みで細部まで拘ったウェッジですのできっとご満足頂けると思います。。。

MIZUNO MP-54

今日は東京都のI様のご依頼でアイアンのライ角フィッティングと調整をしました。
先日I様はミズノカスタムフィッティングでクラブをオーダー購入したそうですが
レンジとラウンドを重ねたものの全番手が左にしか飛ばないとご相談を頂きました。
先ずMP-54と今までお使いになっていたアイアンを交互に打って頂きソール部分の
擦れやスカイトラックを使い方向性をチェックさせて頂きました。
やはりI様の言うとおり今までお使いのアイアンは殆ど真っ直ぐに飛ぶのですが
オーダーのMP-54は15y~20y程度左に飛ぶ傾向でした。
計測後にMP-54のライ角を測定したところなんと5アイアンで64度でした。
今までお使いのアイアンを測定したところ5アイアンが62度だったのでこれでは
まともに飛ぶはずはなく2度アップライトなので弾道計測とおり15y~20y左に飛びます。
とりあえず今までのアイアンの数値に調整し再度計測したところまだ摑まりすぎるので
更に0.5度フラットに調整したところソールチェックと弾道計測ともに非常に良い数値になりました。
I様にはラウンドを重ねて頂ければ左への引っ掛けのイメージを払拭して頂ける事でしょう。。。