ホーム>スタッフブログ>2015年5月

2015年5月

FREIHEIT THE-G Ti FW

今日はフライハイトから待望のチタン素材のフェアウェイウッドが入荷しました。
メーカーさんからは以前から発売についてのご案内やプロトタイプの試打をさせて
頂いていましたが商品として最後のツメや拘りで発売までは予定より遅れてしまいました。
タイプは3W-15度と5W-18度の2種類で基本ストレートフェースのやや小ぶりなヘッドです。
第一印象は流石に拘り貫いて発売が遅れただけあってドライバー同様にかなり男前な顔をしています。
素材はフェースとボディを6-4チタンでソール部は17-4ステンレスの複合になっており
弾き感と柔らかい打感と相反するフィーリングを高次元で両立させた性能を持っています。
またソールウエイトは可変式の為あらゆるセッティングに対応できる機能も併せ持っています。
チタン素材のFWは高額なのですがこのTHE-G Ti FWは価格も43200円と控えめなので
是非チタンFWをお考えの方にはトライして頂きたいですね。。。

 

ジャンバティスト Jean-Baptiste JB501 WEDGE

今日は埼玉県のT様オーダーのウェッジを2本アッセンブルしました。
ヘッドは最近ゴルフ雑誌などでも話題になっているブランドのジャンバティスト
のJB-501の50&57のサテンモデルで組み合わせたシャフトはT様のリクエストで
50&57の2本ともにDG-S200を選択しました。
完成スペックは50-64-35inc-473g-D3 / 57-64-35inc-475g-D4で仕上がりました。
このウェッジは元々ヘッド重量が重めに設計されている事もありバランスは重めに
なりますがバックフェイスのスクリューウエイトを交換する事で更に重くバランスを
調整することが出来ます。
これからの深くなる夏ラフ対策にはウエイトを交換してヘッド重量とスイングバランスを
重くする事で対応も可能ですのでT様には色々試して頂きたいと思います。。。
 

SCOTTY CAMERON FUTURA X5R

今日は東京都のF様のオーダーでパターのカスタムをしました。
以前F様は当店のオリジナルカスタムを施したSELECT NP2を
お買い上げ頂いたのですが今回はパッティングのイメージを変える
為フューチュラへの変更をお考えでご相談を頂きました。
ヘッドのモデルは直線的なX5と丸いX5Rで悩んだ結果F様のお好みで
丸いX5をご希望との事で早速日本仕様のX5R34incを取り寄せました。
カスタムとしてはカラー変更とウエイト変更によるヘビー仕様化のみの
プチカスタムでシャフトやグリップはメーカー純正のまま使用しました。
カラーは前回のNP2と同じくキャメロンスタジオのカスタム設定にない
トランスルーセントブラックに変更し本体のラインはペイントレスで
サイトラインは白に変更しソールプレートもペイント変更しました。
出来栄えはとてもカッコ良く仕上がりましたのでF様には前回のNP2と
同様にきっとご満足頂けると思います。。。

 

A GRIND BLACK 250Ltd WEDGE

今日は東京都のSさんからのオーダーでウェッジを2本アッセンブルしました。
以前からSさんは雑誌などでAGRINDのウェッジに興味があり今回ご来店を
頂きサテン仕上げとブラックモデルで悩んだ結果やはり限定品という事もあり
ヘッドはAGRINDの250Set限定のブラックモデルに決定しました。
組み合わせたシャフトはご相談の結果モーダスのウェッジ専用の125WEDGEで
完成スペックは52-63.5-35.25inc-468g-D2 / 58-64-35inc-474g-D3となり
Sさんの使用中のアイアンとの流れに合わせ仕上げる事が出来ました。
Sさんにはこの限定ブラックのカッコ良い2本のウェッジを新たにクラブセッティング
に加える事でよりいっそうゴルフを楽しんで頂けると思います。。。
 

三浦技研 CB-1007 SPL GRIND

今日は神奈川県のM様からのオーダーアイアンをアッセンブルしました。
先日M様がご来店の際に当店にある試打クラブを打って頂き弾道計測や種類の違う
グラインドを施したヘッドを見比べながらフィッティングさせて頂きました。
ヘッドはM様のお好みからブレードは厚めに変更しソールはリーディングエッジに
グラインドを施しバウンス角は1度増やしヘッドサイズは標準で製作しました。
また仕上げに関しては定番の銅下メッキを施したサテン仕上げで刻印変更と
M様のラッキーカラーの赤を基調とした刻印にしました。
組み合わせたシャフトは現在のDG-X100ではやや辛いとの事からクラブ全長を
0.25inc長く#4で38.5incとしTOURISSUEX100を1番手ソフトにセッティングしました。
完成スペックは#4-24-60-38.5inc-420g-D2-328cpmとなり現在よりやや軽くやや長く
やや柔らかくとM様のリクエストどおりに仕上げさせて頂きました。
こちらもオーダーから約1ヶ月半くらいお待たせしてしまいましたが世界に1セットだけの
オンリーワンアイアンですのできっとご満足頂けると思います。。。


 

A GRIND HYBRID 3&4 + Modus120X

今日は静岡県のT様オーダーのハイブリッドクラブを2本アッセンブルしました。
先日T様は東京出張の際に予めご予約を頂きご来店されました。
現在のお悩みやお好みをお聞きし試打や弾道計測をして選んだヘッドは
A GRIND HYBRIDで3/20.5と4/23でシャフトはModus120Xで組み合わせました。
また現在ご使用中のアイアンのスペックからの流れでロフトピッチやFPの関係から
3/20.5→21 / 4/23→24に調整してセットアップさせて頂きました。
完成スペックは3-21-60-39inc-406g-D2-310cpm / 4-60.5-38.5inc-412g-D2-315cpm
となり現在使用中のアイアンからの流れに合わせ完璧に仕上げる事が出来ました。
今回はトーナメントプロも頻繁に用いる隠し味的なセッティングをさせて頂きましたので
片手ハンデのT様にはきっと絶賛して頂ける2本になったと思います。。。

PROCEED TC455RⅤ PREMIUM

今日はゴルフ仲間ののSちゃんオーダーのドライバーをアッセンブルしました。
現在SちゃんはプロシードのTC455RⅤドライバーをご使用中ですがヘッドの
傷も目立つ様になりスイング改造の成果も出てきた事から同ヘッドながら
少しロフト立てやや長めセッティングでリクエスト頂きました。
シャフトは前回と同じファイアーRBの6SXでの組み合わせです。
完成スペックはリアルロフト11.5度-FA-0.5度-45.75inc-313g-D3-257cpmとなり
Sちゃんのリクエストどおりのドライバーに仕上がりました。
またRBはバット径が太い為Sちゃんお気に入りのグリップEVO2.6ではなく
EVO2.3をストレッチして太さを調整させて頂きました。
使い慣れたヘッドと使い慣れたシャフトなので鉄板セッティングですが
確実に飛距離アップできるドライバーに仕上がったと思います。。。

 

A GRIND R1 CB + MODUS3 125S

今日は東京都のK様オーダーのアイアンセットをアッセンブルしました。
先日K様がアイアンのご相談にご来店された際にいくつかの候補があった中から
試打用のA GRIND CBを打って頂き即ご注文を頂きました。
試打用は現在の旬であるモーダスシステム3の125Sを組んであるのですが
現在K様がご使用中のDG-S200のアイアンと同等の重量でフィーリングも良く
大変お気に召して頂けました。
現在お使いのアイアンともベクターで弾道計測の比較も行いましたが特に最高到達点の高さと
キャリーが伸びスピン量も適正になり現在のアイアンを遥かに凌ぐ結果になりました。
完成スペックは#5-26-61-38.75inc-428g-D3-325cpmとなりK様のリクエストどおり
試打用のスペックと同等に仕上げさせて頂きました。
今後はラウンドを重ねて頂き更にセッティングを煮詰めてK様にとって本当に
手に馴染むアイアンに仕上げていって頂きたいと思います。。。

Justick PROCEED TCR-TOUR UT27

今日は埼玉県のT様オーダーのハイブリッドクラブをアッセンブルしました。
現在T様は3UTと4UTにTourADのDI-HYBRID 85Sをご使用中でお気に入りなのですが
5アイアンの変わりになるUTをご希望との事でご相談を頂きました。
やはりT様もUTにはお悩みの様で特に引っかけを懸念されていました。
現在UTはスリーブ式のクラブを除きライ角調整を出来るものが殆ど無くアップライの傾向にあります。
そんなお悩みを抱えたT様に今回私がオススメさせて頂いたのはジャスティック製の
プロシードTC R-TOUR UT27で唯一このヘッドはライ角調整が可能です。
またポア径も370tip対応ですのでT様お気に入りのDI-HYBRIDのチップ9.4mmも装着可能です。
このヘッドとこのシャフトの組み合わせは当店でも鉄板中の鉄板仕様で後々のライ角調整や
ウエイトによる重心やバランス調整で確実に自分好みのセッティングが見つけられます。
完成スペックは27-60.5-39inc-381g-D2で仕上げ今後T様にはラウンドで色々試しながら
リセッティングして頂き信頼できる一本に仕上げて頂きたいと思います。。。

 

ROYAL COLLECTION SFD X7 + KUROKAGE 60X

今日はゴルフ仲間のSちゃんオーダーのドライバーをアッセンブルしました。
現在のセカンドドライバーをクロカゲシャフトにチェンジする予定だった
Sちゃんですが雑誌等でも話題のロイコレの最新モデルSFD X7も気になった様で
今回はこのヘッドにクロカゲシャフトを装着したドライバーの製作依頼となりました。
完成スペックはリアルロフト10度-FA-0.5度-46.25inc-309g-D3-276cpmとなりました。
前作より約7パーセント広くなったスイートエリアで特にSちゃんの弱点でもある
ヒールヒットのミスに強いヘッドで抜群の直進性のある仕上がりです。
46.25incとやや長めのセッティングですがワイドスイートエリアの恩恵でミスヒットへの
不安要素も取り除かれ確実な飛距離アップが期待できるドライバーです。。。