ホーム>スタッフブログ>2015年10月

2015年10月

DesignTuning ZERO 70X

今日はゴルフ仲間のNちゃんのドライバーをリシャフトしました。
Nちゃんと先週ラウンドをご一緒しましたが私が使用しているZERO
シャフト装着のドライバーを打ってすぐにご注文を頂きました。
ヘッドは現在サプのGeorgeSpirits450にZERO 70Xを組み合わせました。
完成スペックはリアル11-FA0-45.25inc-325g-D3-284cpmでソールウエイトは
2g-2g-3gでセットアップさせて頂きました。
以前のシャフトではアゲンスト風の際にスピン量が多く吹け上がる傾向にありましたが
このZERO 70Xではスピン量も減少し風に負けない強弾道になると思います。
先日の試打の際もタイミングがとても取りやすく素直な挙動でミート率も良かったので
このドライバーは即実戦投入で良い結果が得られると思います。。。♪

 

DOCUS DCD701 9.5 SILVER

今日はゴルフ仲間のOさんのドライバーをアッセンブルしました。
ヘッドは以前に試打して気になっていたDUCUS DCD701で通常の
ブラック仕様ではなく海外輸出用のシルバーモデルの9.5度です。
このヘッドに重量調整と消音の意味で発泡剤を充填しOさんお気に入りの
BOO TO BEEシャフトの7Sを組み合わせセットアップさせて頂きました。
完成スペックはリアル9.5-FA-0.5-45inc-325g-D2-266cpmとなりました。
ちょっと季節の衣替えには早いですが気温の低いラウンドではベストな
スペックに仕上がったと思います。
実践投入には少し早いと思いますが夜の気温の低いレンジでの練習から
少しづつ打ち始めて頂きたいと思います。。。

三浦技研 CB-2007 SPL GRIND

今日は東京都のY様からのオーダーでアイアンセットをアッセンブルしました。
ヘッドは三浦技研のCB-2007のクラフトマンワールド仕様の特注品でY様のお好みで
メッキの仕上げやフェイスの輪郭やトップブレードの厚みなどを変更しました。
またフィッティングからライ角の変更とロフトはストロング1度の設定です。
組み合わせたシャフトは試打での弾道計測やY様のフィーリングが最も良かった
モーダスシリーズから最新モデルの105TOURのSを選択しました。
グリップはY様のリクエストでIOMIC Sticky1.8を選択しました。
完成スペックは#5-26-61-38inc-407g-D2-308cpmとなり現在の
Y様にとってベストと言えるセットアップで
仕上げる事が出来ました。
自分の好みに拘ったY様にとってのオンリーワンアイアンですので性能はもちろん
顔や打感などフィーリング面もお気に召して頂ける事でしょう。。。♪

Titleist 714CB IRON

今日は東京都のW様のアイアンのライ/ロフト調整をしました。
現在SRIXON Z-725をお使いのWさんですが714CBを新たに手にした
ところ全ての番手が引っ掛かるとの事でご相談を頂きました。
まずはエースアイアンのライ角をチェックさせて頂き実際にボールを
打って頂いたライチェックはベストな状態でした。
714CBのライ角を測定したところ各番手で1度~1.5度アップライトに
なっているのでW様の言うとおり全番手が左に行くはずです。
とりあえずエースアイアンのZ-725のライ角に調整してから測定を
したところ真っ直ぐ飛ぶ様になりソールのチェックマークも良い感じです。
まだ使い始めたばかりの714CBですがこれで安心してラウンドして頂けると思います。

SCOTTY CAMERON SELECT NP2

今日はメーカー欠品が続いていたスコッティキャメロンのセレクトシリーズの
ニューボート2の34incが入荷しました。
早速バックオーダー分と店頭在庫分として4本のカスタム作業に入りました。
まずは個々のパターの検品を行いウエイトの取り外しから既存のペイントの
剥離作業をし脱脂処理後にマスキングや下地処理と一回目のペイントをしました。
明日からは各所の複数のペイントや修正を行いながら数日掛けて乾燥させ
最後にバンパー部分にハンドスタンプを入れ完成の予定です。
特にルーセントカラーは半透明の透通った色で重ね塗りが必須で一度失敗すると
最初からやり直しになってしまいますので細心の注意を払い作業をしています。
お待たせしているお客様には大変申し訳ございませんが完成するまでの間
今しばらくお待ち下さいませ。。。mOm

DesignTuning ZERO 70SX

今日は当店の試打用ドライバーのシャフトをデザインチューニング社から
発売されたばかりのZERO 70SXに交換し弾道計測機を使いデータ取りをしました。
シャフトのデータを比較する為ヘッドは色々なデータを蓄積しているプロシードの
435RⅥのヘッドを使い検証してみました。
当店のお客様のボリュームゾーンである70SXで45incでのテストは数人のお客様の
データやインプレともになかなか好評でメーカーの設計とおり撓りや撓り戻りの
動きがとても素直でミート率が上がる傾向になりました。
特筆するポイントはミート率が上がる事と高弾性との特性とも相まってボール初速が
かなり上がるデータが出て素直な特性ながら飛距離アップをできるシャフトと言えそうです。
今後は60Sで試打用を製作しこの辺のスペックをお使いのお客様に打って頂き
インプレや弾道計測によるデータを収集したいと思います。。。

VOKEY WEDGE WORKS リメイク

今日は東京都のYさんのウェッジのリメイク作業をしました。
ヘッドは日本未発売のVOKEY WEDGE WORKSのTVD52&58の
ブラックオキサイド仕様ですがノーメッキのためかなりの錆と
シャフトの傷やTOUR ISSUEのブリントの剥がれなどがあり
リメイクすることになりました。
ヘッドはペイントや黒染めを全て剥離しヘッド全体をブラスト処理で
細かい傷を消し再度黒染めとペイントを施しました。
シャフトもTOURISSUEのプリントが剥がれにくいJP仕様に変更し
グリップもWEDGE WORKS純正と同じGolfPrideMCCに交換しました。
リメイク後の見た目はまるで新品の様に蘇りましたのでYさんには
きっとご満足頂ける事でしょう。。。♪
 

Justick PROCEED R-TITAN TOUR SPOON

今日は私の所属倶楽部の先輩のJさんのフェアウェイウッドをアッセンブルしました。
近頃3Wでボールが浮いてくれないとお悩みのJさんですがやはり近年のクラブや
ボールのロースピン化で流石のスクラッチプレーヤーも影響がある様です。
やはりJさんも3Wは操作性より直進性と飛距離性能が優先という事で今回は
優しく簡単にボールが上がりながら抜群の飛距離性能を持つジャスティック社の
プロシードR-チタンの3Wでロフトの寝たヘッドでセットアップさせて頂きました。
またシャフトについてはFWでの使用で力を発揮するTourAD BB-6Sを組み合わせました。
完成スペックはリアル16度-FA-1度-42.75inc-330g-D2-265cpmと現在Jさんのご使用クラブの
流れに合わせセットアップさせて頂きました。
これから日本シニア選手権と日本ミッドシニア選手権を控えるJさんですが
このぶつ飛びFWの調整が間に合えばぜひバッグに入れて頂きたいと思います。。。

Ryoma D1-MAXIMA Type-D 9.5

今日はご近所のTさんオーダーのドライバーをアッセンブルしました。
先日Tさんにはリョーマの試打会にご参加頂きましたが打感や棒球の
フィーリングがお気に召して頂けた様で早速ご相談に来店頂きました。
Tさんの現在ご使用のクラブは全て当店のフィッティングでオーダー製作
させて頂いているので今回はTさんのご希望をお聞きした上でセッティング
については全てお任せ頂きました。
選択したヘッドはType-D9.5でシャフトはSHOCK WAVE BLACK 50Sで
グリップはIOMIC Sticky Opus Blackで組み合わせセットアップさせて頂きました。
完成スペックはリアル10度-FA0度-46inc-305g-D3-245cpmとなりTさんにとっての
ベストと言えるセットアップが出来たと思います。
今後はウエイト調整などをしながら更にセッティングを煮詰めて頂きたいと思います。。。♪

MODUS SYSTEM3 125S

今日はゴルフ仲間のOさんのアイアンのリシャフトをしました。
シャフトは日本シャフト製の最新モーダスシリーズの125Sに交換です。
今回シャフト交換をするヘッドは以前に重量調整とライ調整とロフト調整
をしていますので作業がとてもスムーズに行うことが出来ました。
完成スペックは#5-24-61-38inc-428g-D2-324cpmで先日レンダルさせて
頂いた試打クラブのスペックと同等にセットアップさせて頂きました。
今後Oさんにはラウンドを重ねて頂きロフト調整やライ調整をしながら
エースアイアンに仕上げていって頂きたいと思います。。。